こんにちは。
旅先で「今日はゲストハウスに帰るの?」と言われるしほです。

しぶしお2人はお気に入りのゲストハウスの
フライヤーを手帳に大量にはさんで持ち歩き
出先で口コミしまくるのを習慣としています。

あれ、今月、ゲストハウスdanonいってないぞ、禁断症状が!
あわわわわ。

いつも旅のお供においしいお酒を買うのはここ!
そう、我々が勝手にロックオンした奥三河の素敵スポット。
グラフィックス90
*HP
*Facebook

以前、しぶしおの「ゲストハウスで利き酒会をやりたーい!」を叶えてくれた素敵なお酒屋さん(*´∇`*)
準備編 当日編 後日談編はこちらからどうぞ。

今回、だわり屋さん主催の酒造り体験に参加してきました(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!
日帰り酒造り体験バスツアーin蓬莱泉「6代目Soul」
16711511_1417072498366303_1700485599676528592_n

6代目SOULって何ー?という方に説明しますと
愛知県設楽町に本社がある関谷酒造の日本酒に蓬莱泉シリーズがあります。
奥三河に行くと道端に大きな酒瓶の看板を見たことある人もすくなくないと思います。
SOULは蓬莱泉シリーズのだわり屋オリジナルなんです!!
だわり屋さんでしか買えない数量限定品!!

蓬莱泉シリーズはフルーティで甘口が多く
同年代の旅仲間にとーっても評判がいいんです。
「日本酒はよくわからない。」「苦手。」
そういう女子たちに一口どう?
とすすめると「おいしー!」といわれます。
旅のお土産には蓬莱泉!と決めています(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

ここ数年の日本酒ブームは甘口が主流。
デザートのように食後に数口味わって飲む、
そんな飲み方が増えたんですって、これわたしだ!!笑

わたしはアルコールに弱いのですーぐポンポンに顔が赤くなります。
そして、酔っ払うと眠たくなって喋れないので乾杯はノンアルコール。
みんながほろ酔いになってきたころにお酒を飲み始めます。
宿泊でいつでも寝られる状態じゃないと外ではめったに飲みません。

昔からの酒飲みさんは辛口をたくさん飲むんだそう。
「昔みたいにガツンと辛口の日本酒が飲みたい。」
お客さんにそう言われたことがSOULを造るきっかけになったんだとか。
SOULは辛口の日本酒です。

甘口の日本酒ブームに辛口のオリジナル日本酒をつくるなんて!
みんなと同じコトをしない。
ブームはいつか終わる。
独自の経営目線で熱く語るだわり屋社長。
かっこいいー。
イケメーン。

16684378_1416646128408940_988328635560536906_n

朝、8:00に新城市にあるだわり屋さんに集合。
7:30からちらほらと参加者が集まりはじめます。
わたしはJR飯田線の新城駅まで電車にゆられ、
駅前の喫茶店でモーニングをして、
とことこ歩いて向かいました。
新城駅から徒歩5分ほど!
近い!!

16711551_1416646145075605_2372192349258011680_n

だわり屋さんの蓬莱泉「SOUL」の看板の前で記念撮影をぱしゃり。

16602786_1416646181742268_6801910389387649558_n

工房のある豊田市の気温マイナス4度!!
寒い!寒すぎる!!
この寒さが酒造りに重要なんですね!!
それにしても寒い!!
ガタガタブルブル(((( ゚д゚)))

16711738_1416646158408937_6225324005966347043_n

シャトルバスでしゅっぱーつ!
わくわく(*´∇`*)

バスの中では参加者の自己紹介、
だわり屋社長による蓬莱泉「SOUL」にまつわるお話、
いかにSOULを造るのが難しいか!
ふむふむー。
日本酒って奥が深いのねーっと勉強になりました。

また、豪華景品のかかった日本酒クイズをみんなで解いていきます。
むむむ、難しい。涙

途中、トイレ休憩のために設楽町にある関谷醸造の本社へ寄ります。
わたしは奥三河でガサゴソしているときに車で通りかかることはあってもお店に入ることはなかったのです。
店内に入ると、ふわあっとお酒のよいかほりにルンルンです。

16640586_1417072515032968_4049419403708971313_n

こちらも、お店の前で記念撮影をぱしゃり。

IMG_6380

着きましたよ。
豊田市稲武にあるほうらいせん吟醸工房!

雪がつもっているじゃない!
ここ、愛知県!?
さむいさむいさむいさむいさむーい!!

app-093652300s1486950801

現地集合のしおちゃんのばちゃんも合流して記念撮影です。
それにしても寒い。
いやいやいや。
この寒さが美味しいお酒を造れる秘訣!!

さくさくーっと工房内に入りましょうね。
さむいさむいさむーい。涙
IMG_6385

IMG_6386

まずは、座学。
日本酒造りの工程を社員の方から説明をしていただきます。

IMG_6401

16730379_1417072565032963_4307671563901854536_n

みんな真剣!

そして、一通り説明が終わると
酒造り体験&工場見学のスタートです。

IMG_6400

まずは手をしっかりと洗ってね。

IMG_6389

帽子と白衣を着てね。
さむい、さむいさむい。
16603029_1417072835032936_1950211327792103369_n

今日、お世話になる蔵人さんに挨拶。
よろしくお願いしまーす。

IMG_6393

さっそく、蒸しあがった酒米を大きな釜からとりだしていただきます。

IMG_6394

16729526_1417073115032908_5212739039600715319_n

酒米はもちろん山田錦!

IMG_6395

蒸したての酒米をぱくり。
硬っっっ!
いつも食べているお米と違ってパサパサしていました。

16508597_1417072825032937_516671536538995916_n

大切な酒米です。
こぼさないように!
みんなで布から蒸した酒米をていねいにはがしていきますよ。

IMG_6397


あちちっ!
あつーい!!
蒸したばかりの酒米はとーってもあつい!
くっつかないように手早くまぜる必要があるのです!

IMG_6398

わしゃわしゃ。

これテレビで見たことあるヤツだ。

IMG_6399

均等にして、酒米をさまします。

IMG_6427

おや。
手がすべっすべ!
気持ちいいぞ!

IMG_6402

テレビなんかで「杜氏の手が美しいのは・・・。」と言っているのを聞いたことがあるませんか?
「あれ、嘘です。本当の蔵人はアカギレだらけです。」
ぴえー。
知らなかったー!

IMG_6403


IMG_6405

酒米を洗うのは手作業。
重労働ですね。
日ごろ、運動不足のわたしは見ているだけで動悸がしてきました。
ひっひっふー。
ひっひっふー。

IMG_6406

IMG_6407

次に酵母の部屋を見学させてもらいました。
ふわあっとお酒のかほり。
なんだか、匂いで酔っ払ってしまいそうです。

IMG_6410


IMG_6415

それぞれの樽に説明書がついています。
酵母の種類はたーくさんあるのだそう。
そこから、設計図をひいてって建築みたいだなー。

IMG_6416
こちらは酒米を蒸す器械。
IMG_6419




IMG_6431

IMG_6435

IMG_6434

麹菌のついた酒米。
ひとつまみいただき口に入れて噛んでいるとほのかにあまーくなってきました。

「こ、これは、もしや!口噛み酒ができるんじゃ!!君の名は!?」

IMG_6439

はい。
次々に工場内を案内していただきます。

IMG_6441

こちらは絞り機。
なんだか、楽器みたいですね。
ここの部屋は湿度がしっかりと調整してあるんですね。
湿度が高いとカビが生えちゃうので徹底した管理がされているのだそう。

IMG_6444

ちょうど、絞りたてのお酒を見ることが出来ました!

IMG_6452

こちらは蒸留器。

IMG_6449

工房って宇宙船みたいだな。

IMG_6454

見学が終わると作業に戻ります。
冷めた酒米がパラパラになるように。

IMG_6457

そして、座学。
杜氏からSOULがいかに造るのが難しい日本酒かを説明してもらいます。

IMG_6458

次に、酒米をタンクに移す作業です。
2人ずつで布の端を持ってね。

IMG_6460

IMG_6462

IMG_6463

タンクに酒米を入れていきます。
こぼさないように、そーっとね。

IMG_6468

あぶないっ。
わちゃちゃっ。

IMG_6469

IMG_6473

そして、投入した酒米をかきまぜていきます。

IMG_6482

おいしくなあれと魂(SOUL)を注入します。

16708211_1417075891699297_1334705011938149195_n

なぜか手足の動きが気持ち悪いのはご愛嬌。
簡単そうに見えて、
棒が重くておもうように動かせない~。

IMG_6478



IMG_6479

だわり屋の鈴木社長が魂(SOUL)をこめます。

IMG_6483

最後の仕上げはもちろん杜氏。

IMG_6487

お水を入れてね。

IMG_6488

IMG_6489

その年によって、気温がまちまち。
氷をつかって、温度調整をしているそうです。
この温度が美味しいお酒ができるかの大大大重要なポイントなんです!!

IMG_6492

ドキドキ。

IMG_6490

ジャスト7.0度!!
完璧な温度です。
すばらしい!
エクセレント!!

6代目SOULは最高の味になるでしょうううう。


16711482_1417075888365964_7287944173616309906_n

神棚の前で記念撮影をぱしゃり。

IMG_6494

6代目SOULの
酒造り通信ブログ(詳細はこちら)で経過をみることができます。


app-053384800s1486951765

酒造り体験がおわると
次はホテル岡田屋さんで宴会です。
わいわーい!
お腹ぺこぺこー(*´Д`*)

IMG_6497

IMG_6500

IMG_6502

美味しい日本酒たちが並ずらりとびます。

IMG_6505


IMG_6499
乾杯のお酒はできたてほやほやのウルトラSOUL!!

食前酒って「カンパーイ!」で一気に飲み干して
拍手がおこってワイワイ食事が始まるイメージですが、
わたしたちは「カンパーイ!」のあとにため息が聞こえるほど
シーンと静まり返って味わっていたのでした(*'-'*)おいしー。

ウルトラSOULはこれから1年間マイナス5度でじっくり寝かせられるんだそうです。

IMG_6501

美味しい料理が次々と出てきます。

IMG_6506

茶碗蒸しにはDDXで教わったとおり
蓬莱泉「空」をあわせていただきます。

おいしいおいしいおいしい(*´Д`*)

IMG_6508

むはー。
大大大満足の美味しい料理と日本酒!
幸せすぎるー。
このままダラダラしたくなっちゃったよー。

宴会も終盤。
日本酒クイズの上位当選者の発表です!
豪華景品を手にした日本酒好きの名前が呼ばれます!

16681892_1417076421699244_8023925754717996053_n

おめでとー!

IMG_6509

しぶしお2人は当選ならずー。
日本酒の勉強をして出直します!!

楽しい時間はあーっという間に過ぎて行きました。
IMG_6517

ほうらいせん吟醸工房では試飲のできるお土産売り場があります。

IMG_6513


IMG_6512

IMG_6514

IMG_6516


IMG_6515

IMG_6510

名残惜しいですが、バスで帰ります。
大大大満足の楽しい時間をありがとうございました!!

app-002529100s1486952963

いつの間にかバスの中で眠っており、
気付いたら新城市のだわり屋さんに!
そして、社長から「みなさんにビールを1杯サービスします。」と粋なはからい。
ねむねむーっと寝起きの参加者たちが一瞬でシャキッと目が覚めました!!

ホスピタリティにあふれただわり屋さん!
そりゃ、ファンが増えますよねー。
いつもありがとうございます!!

IMG_6377

ちなみに豊田市稲武の吟醸工房は豊田市街からバスでいけます。
工場見学をして、試飲もしたいけど車の運転あるからなーっという方どうぞ。
数は限られているので時刻表を要チェック。

IMG_6530


IMG_6378

IMG_6523


だわり屋さんの6代目ソウル仕込みツアーのレポートブログはこちらからどうぞ。

やー。
本当に楽しかったなあ。
今回、体験で造ったSOULは春にできあがるのだそう!
参加費の中に1人1本つSOULが含まれているのです。
春が待ち遠しいなあ。
自分たちでつくったSOULを持って奥三河の花見スポットでまわるぞー!

しほ


----------------------------------------------------------------
だわり屋
*HP
*Facebookページ
〒441-1341 愛知県新城市杉山字大東23-6
電話:0536-23-2211
FAX:0536-23-7331
営業:年中無休9:00~20:00(日曜日のみ19:00閉店)

関谷醸造株式会社
*HP
*Facebookページ
・本社
〒441-2301 愛知県北設楽郡設楽町田口字町浦22番地
電話:0536-62-0505
FAX:0536-62-1556
・稲武工場(吟醸工房)
〒441-2524 愛知県豊田市黒田町南水別713番地 (旧:東加茂郡稲武町)
電話:0565-83-3601
FAX:0565-83-3583


ぽちっとしていただけると泣いてよろこびます(*´∇`*)
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村